【Windows powershell】Windows新機能!何百万とあるファイルやフォルダを高速で消去する方法

皆さんは、何百万と途方もくれない膨大なファイルやフォルダを一括削除するときに、待機中・・・という文字が出てきて中々削除してくれないということはありませんか?

今回は、powershellを使用して、膨大なファイルやフォルダを高速で一括削除する方法をご説明します。

powershellとは?

Windows PowerShell はマイクロソフトが開発した拡張可能なコマンドラインインターフェース (CLI) シェルおよびスクリプト言語である。

Wikiより

とのことです。

powershellを使用する上での最低限の条件

  • WindowsPCであること(powershellが実行できればなんでもよいかと思います。)
  • 管理者権限で実行できる状態であること。

高速削除方法Part1、powershellを管理者権限で実行する。

まずは、powershellを管理者権限で実行してみます。

 

まずはWindowsキーRキーを同時に押してファイル名を指定して実行の画面を開きます。

次にpowershellと入力してCTRLキーSHIFTキーENTERキーを同時に押します。

すると管理者として実行することを求められるダイアログが出てくるので、はいを押して許可します。

 

 

コマンドプロンプトの色付けバージョンのような画面が出てきます。

高速削除方法Part2、コマンドを指定して削除する。

起動出来たら、今度はコマンドを指定して削除してみます。

Remove-Item パス -Recurse

上のコマンドにあるパスの部分を書き換えて、起動したWindow powershellに貼り付けます。

Recurseの部分はオプションです。省略すると、後でどのように処理するかを指定します。

パスの詳しい書き方は以下を参考にしてください。

一つのファイルのみを削除する方法

パスはフルパスで記載します。

例:D:\Test\Faile.txt

フォルダ(ディレクトリ)内のファイルやフォルダを一括削除する方法

パスはフルパスで記載し、ファイル名の後には斜線と米印を記載してください(\*)

例:D:\Test\*

 

最後に、コマンドをWindow powershellに打ち込んで、Enterキーを押して実行します。

高速削除方法Part3、削除状況の確認をする。

一見何も起こらなかったかのように見えますが、タスクマネージャーを見てみると、ディスクの読み書き処理が行われていることがわかります。

 

今回残念なことに、私が削除したかったファイルやフォルダがいくつか削除できませんでした。

これについての解決方法は現在検討中です。

ちなみに、私のPCで180万個程のファイルとフォルダを削除したら、SSDで5分程、HDDで15分程かかりました。

 

 

error

関連記事