ドロップするだけで、簡単に画像を縮小拡大。

今回は、画像をドラックドロップして、簡単に画像を縮小や変換できるツール「画像変形変倍」を紹介します。

※このソフトは、WindowsのPCのみで動作します。詳しくは、readme.txtに記載されている動作環境確認済みOSをご覧ください。

画像変形変倍とは?

JPGやPNG、BMP等の画像ファイルを縮小、または拡大したりします。
また、拡大縮小以外にも、画像形式の選択や、グレースケール等のフィルター等の機能が備わっています。
例えば、縮小とグレースケールを同時に行う事も可能です。

インストール方法

画像変形変倍

上のリンクより、「picrsiz.zip」をダウンロードしてください。
ファイルの中身をデスクトップ等の任意のフォルダに解凍します。
解凍した「画像変形変倍.exe」をクリックすると、本ソフトウェアが起動します。

アンインストールは、解凍したファイルを完全に削除すれば、完了です。

変換方法

詳しい設定方法は、「画像の縮小、拡大方法」項目以降をご覧ください。

 

保存方法の指定

まずは、保存指定項目で、保存方法を設定します。

名前を変えて保存を選択した場合、下にある名前の欄にある文字が追加されて画像が保存されます。デフォルトでは、pw-#に設定されています。
#」の部分は、元のファイル名に置き換わります。

上書き保存を指定した場合、元の画像ファイルを置き換えて保存します、
※注意! 上書きするので。オリジナルの画像「元の画像」は抹消します。

フォルダを作り保存を指定した場合、元の画像と同じ場所にフォルダが新しく作成され、その中に変換した画像が保存されます。
名前欄には、作成されるフォルダの名前を入力します。デフォルトでは、Pw-rsaizに設定されています。

指定フォルダに保存を指定した場合、名前欄にあるファイルの場所に変換した画像が保存されます。
選択ボタンをクリックすることで、画像を保存するダイアログボックスが表示されます。

画像ファイルを選択して変換開始!

ソフトウェアの画面に、変換したい画像ファイルをドロップ、または「ドラック&ドロップ、クリックして選択」の部分をクリックして、画像を選択します。
画像は複数指定できます。

画像を選択し終わると、すぐに変換処理が開始されます。
変換が終わるとメッセージダイアログが出てきます。

画像の縮小、拡大方法

 

サイズのタブを開いて設定します。

サイズを指定

サイズを指定する前に、[%]倍率指定、あるいは[pixel]ピクセル指定を選択します。
[%]倍率指定を選択した場合、変換元の画像サイズを元に、変換する画像サイズが設定されます。
また、[pixel]ピクセル指定を選択した場合、指定した画像サイズに変形されます。

画像を拡大縮小しないで処理する方法

こちらでは、画像の種類やフィルター目的のみで使用する事を前提にしています。

変倍方法を[%]倍率指定にします。次にサイズ指定を100%[等倍]にします。

この状態で画像を変換すれば、サイズは変形しません。

変換する画像の種類を変更する

デフォルトでは、JPGに設定されていますが、設定を変更することで、PNGあるいはBMPファイルに変換することができます。

画像種類のタブを開いて設定します。

ジェイペグ出力(jpg)の場合は、エンコード方法項目があります。
画質では、つまみを動かして設定します。左に動かすと画質が悪くなり、ファイルのサイズが小さくなります。右に動かすと画質が良くなり、ファイルサイズが大きくなります。
ジェイペグ出力(jpg)は撮影した写真向けの項目です。

また、イラスト等の画像を変換処理する場合は、ジェイペグ出力(jpg)ではなく、無劣化で変換できる、ビットマップ出力(bmp)またはピング出力(png)を選択してください。よくわからない場合はピング出力(png)を選択しておけば大丈夫です。

画像にフィルターをかける

このオプションでは、画像にモノクロ等のフィルターをかけることができます。

タブをフィルターにして設定します。

変換後の画像フィルター項目で、フィルターのモードを選択します。

 

明暗指定では、下にあるつまみを左右に動かすことで、明るさを設定できます。

画像の拡大縮小モードと上書き設定

タブを詳細設定にして設定します。

拡大縮小モードの設定

変倍時のプロパティ項目ハーフトーン処理無しを選択すると、拡大縮小時に補間処理しません。ハーフトーン処理有りを選択すると、拡大縮小時にぼかし補間処理をします。

ハーフトーン処理無しでは、ドット絵の拡大等に適しています。

上書き通知設定

上書き時項目で設定します。
選択内容は、文字通りの意味です。

 

error

関連記事