【FPVFreerider】ドローンの練習に最適なシミュレーター

今回は、マルチコプター、ドローンの練習に最適な、フライトシミュレーター「FPVFreerider」を紹介します

用意するもの

プロポ型コントローラー

[amazonjs asin=”B0096HDKYQ” locale=”JP” title=”プロポ型コントローラー付属6Chフライトシミュレーター ヘリ・飛行機を本格に3Dで操縦体験! 3Dフライト USB接続 FMS&HELI-X対応”]

※ジャイロ機能のあるゲームパッドでも可能です。
※ゲームパッドも何もない場合、キーボードで操作可能ですが、実践する場合は最低限ゲームパッドがあったほうが良いです。

パーソナルコンピュータ

5万円台のグレードの最新のPCであれば、普通に動くはずです。

FPVFreerider「ソフトウェア」

後ほどダウンロード方法をご説明します。

フライトシミュレーター「FPVFreerider」のダウンロード方法

FPVFreeriderは有料です。
無料体験版もありますが、初めのステージのみプレイ可能です。
OSは、Windows、Mac os x、Linuxに対応しています。
※ここでは、Windowsを基準に説明します。
※また、支払い方法はペイパルを基準に説明します。

> FPVFreerider <

上のリンクよりダウンロード可能です。

無料版で遊ぶ場合

上のリンクにアクセスします。

次に、下の方までページを移動させます。

Download demoという項目があるので、自分のPCの環境にあったファイルをダウンロードしてください。

Windowsの場合、zipファイルがダウンロードされるので、中身を全て解凍して「〇〇〇.exe」を実行すると遊べます。

有料版で遊ぶ場合

上のリンクにアクセスします。

赤いボタンの「Buy new」をクリックします。

支払方法は、ペイパル、カード、ビットコインで決済できます。カード情報を直接入力しないで決済できるペイパルがおすすめですす。

画面の指示に従い、支払いを完了させます。

ペイパルの場合、送られてきたメール内に、ダウンロードリンクが添付されているので、アクセスしてファイルをダウンロードします。

Windowsの場合、zipファイルがダウンロードされるので、中身を全て解凍して「〇〇〇.exe」を実行すると遊べます。

遊んでみた

実行するとこんな感じの画面が出てきます。

右下の、「Input:・・・」の部分をクリックすると、操作設定ができます。
ゲームパッド、タッチスクリーン、キーボードが選べます。

今回は、ゲームパッドで遊んでみます。

 

ゲームパッドのセッティング方法

ゲームパッドの場合、「Calibrate Contoroller」をクリックして、操作するボタンのセッティングをする必要があります。

上の画像のように、ゲームパッドのジャイロを動かしながら、OKを押します。
4回ほど指示されるので、終わるまで続けます。

 

終わるとこのような画面が出てきます。
特に問題がなければOKを押して設定を終了します。

 

カスタム設定

最初の画面の右下にある「Custom Settings」をクリックすると、カスタム設定ができます。

左が操作設定、中央がカメラ設定、右がドローンの設定という感じです。

「Load preset」で、あらかじめ設定されている設定を選択できます。
初心者はDefault、慣れてきたらSnaPPyで挑戦してもよいかもしれません。

 

1ステージ目

 

砂漠ステージです。

 

 

夕日がきれいです(^^♪

 

2ステージ目

無人島のステージです。

 

海がリアルで綺麗。

 

3ステージ目

辺り一面が草原です。

 

高い櫓(やぐら)のようなのが一本立っています。

 

4ステージ目

公園ステージです。
遊具の隙間をすり抜けたりできます。
ドローンの操作が慣れていないと無理でしょう。

 

ドローンで通り抜けられるととても気持ちいです。

 

上から見た様子です。

 

5ステージ目

駐車場ステージです。
他のステージよりも狭いので、それなりの操作の技術が求められます。

 

上へと通じる通路・・・

 

屋上に到達!

 

6ステージ目

こういう雰囲気も好きです。
櫓が二本立っています。

 

タイムレース

それぞれのステージには、タイムレースモードが用意されていて、タイムアタックできます。

障害物にぶつかると最初からです。

操作に慣れていないと記録はボロボロです。

 

光っている場所やゲートを必ず通過します。

 

一週間練習した成果

私が一週間練習した成果です。
まだ雑な面が結構あり、細かい動作が苦手です。

error

関連記事