【えこでこツール】様々な音声、動画ファイルからWAV、AAC、MP3、OGGに変換してくれるソフト紹介

今回は、(※1)様々なファイル形式の音声ファイルから、WAV、AAC、MP3、OGGに変換してくれるフリーソフトをご紹介します。

※1注意:入力できる音声フォーマットは、AAC、AC-3、FLAC、Monkey’s Audio、MP2,MP3、PCM,ADPCM、Real Audio、TTA、WMA、Vorbisとなっています。

※ファイル形式についての注意点:入力されたファイル形式が対応していても、フォーマットが対応していない場合は、変換できませんのでご注意ください。

えこでこツールのメリットとデメリット

メリット

  • インストール不要で簡単に使用できる
  • 初心者でも比較的簡単に変換できる
  • 動画ファイルから音声ファイルだけを取り出すことが可能

デメリット

bandicam等で出力したwavファイル等が入力できないなど、使用できない場面が多々ある。

えこでこツールのダウンロード

公式ページ

Vector

上のリンクからダウンロードできます。

ダウンロードしたファイルはziplzhファイル形式になっているかと思うので、中身を適当なファイルに解凍すればすぐに使用できます。

※公式ページからのダウンロードが不安な方は、Vectorからダウンロードすることをお勧めします。

えこでこツールの設定

えこでこツールの設定を説明します。

出力

出力は、WAV、AAC、MP3(Fraunhofer)、MP3(Lame)、OGG、映像から音声のみ摘出が選択できます。

各形式の設定は、下の欄で設定できます。

出力フォルダ

入力と同じフォルダ:文字通り、入力と同じフォルダに変換したファイルを出力します。

指定してフォルダ:文字通り、指定したフォルダに変換したファイルを出力します。

※注意点:出力するファイル名が重なっていた場合、上書きされるので、ご注意ください。特に、MP3からMP3など、出力される拡張子が同じになる場合など。

各出力形式について

WAV

WAV形式に変換できます。

入力と同じ音質、CD音質、音質を指定のいずれかを選択できます。

音質を指定で設定した場合、周波数は8khz~192khz、ビット数は8bit~64bit、チャンネル数は、1ch~2chまたは入力と同じを選択できます。

AAC

AAC形式に変換できます。

AACは、MP3の後継フォーマットで、MP3と同等のビットレートの場合、MP3よりも高音品質で保存できるらしいです。

また、AACを使用するにはNeroAacEnc.exeが必要です。

NeroAacEnc.exe(1.5.4.0)

私の場合、上のリンクからダウンロードしました。現在の最新のバージョンでは1.5以上のものが出ていますが、えこでこツールのヘルプでは1.3.3.0とかいてあります。私の場合は最新のバージョンを選びました。

ダウンロードした後、Zipフォルダの中身のWin32フォルダの中に入っているneroAacEnc.exeだけを選び、EcoDecoTooL.exeのある場所に解凍します。これで、えこでこツールを起動してAACを選べば使用できるようになるはずです。

MP3(Fraunhofer)

MP3(Fraunhofer)形式に変換できます。

Fraunhoferは、WindowsMediaPlayerに付属しているエンコードエンジンの事らしく、CBRのみ使用できます。CBR以外のABRやVBRを使用したい方はMP3(lame)を使用してください。

FraunhoferとLameの違いについてはこちらakier01さんの回答が参考になるかと思います。

MP3(Lame)

MP3(Lame)形式に変換できます。

MP3(Fraunhofer)ではCBRしか選択できませんでしたが、MP3(Lame)ではABR、CBR、VBRの三種類が選択できるようになります。

こちらもAACの時と同様に、エンコーダーのダウンロードが必要です。

RameWares

現在の最新のバージョンでは3.100以上のものが出ていますが、えこでこツールのヘルプでは3.9.8.2とかいてあります。私の場合は最新のバージョンを選びました。

※注意:64bit版はNGです!実際に試してみましたが、でこでこツールが認証しませんでした。(バージョンが3.100の時)

ダウンロードした後、Zipフォルダに入っているlame_enc.dllだけを選び、EcoDecoTooL.exeのある場所に解凍します。これで、えこでこツールを起動してMP3(Lame)を選べば使用できるようになるはずです。

OGG

OGG形式に変換できます。

AACやMP3の時と同じく、ABR、CBR、VBR、平均ビットレート、出力の音量設定を設定します。

映像から音声のみ摘出

文字通り、映像から音声のみ摘出します。

ドロップ可能ファイルは、音声形式がaac、ac3、mp2,mp3,vorbisのいずれかで、コンテナ形式がavi、flv、mkv、mpeg、mov、mp4、ogm、vobのいずれかを採用したファイルです。

出力されるファイルの形式(コンテナ)は、動画ファイルに含まれている音声形式によって異なります。

変換方法

変換したいファイルを選択し、えこでこツールの画面上にドラック&ドロップすると変換できます。

えこでこツールについてさらに詳しく見る

でこでこツールに入っているhtmlフォルダ内にあるhelp.htmlをご覧ください。

error

関連記事