初心者にお勧めな画面キャプチャソフトはBANDICAM!おすすめロスレスコーデックなどを紹介

今回は、初心者におすすめのデスクトップキャプチャー「Bandicam」とおすすめのロスレス(可逆)コーデックをご紹介します。

初心者におすすめのデスクトップキャプチャー

ダウンロードとインストール

Bandicam[バンディカム]

ダウンロードは、上のリンクより、ダウンロード(無料)からソフトをダウンロードできます。

これから製品版を購入される方も、無料版をダウンロードする必要があります。

インストールは、ダウンロードしたファイルを実行し、画面の内容に従ってインストールを完了させてください。

無料版と有料版の比較

主な違いは、録画できる時間とロゴの有無といったところです。

無料版は10分まで録画可能でロゴが入ります。有料版ではこれらの制限はありません。

Bandicamを初心者におすすめした理由

細かい設定をしなくてもすぐに録画できる

インストールした後は、対象画面に合わせて録画ボタンを押すだけで録画できます。

操作パネルは見た目がシンプルなので、非常に使いやすいです。

設定が豊富なので、初心者から上級者まで使える

外部コーデックの指定、ビデオキャプチャの録画、Webカメラの録画など、様々なモードや設定が備わっています。

また、動画撮影しながら連続でスクリーンショットさせることも可能です。

録画モードについて

Bandicamには三種類の録画モードが備わっています。

画面録画モード

Windows上の画面の一部を録画したい時に使用します。

さらに、領域指定フルスクリーンマウス周辺の設定も可能です。

ゲーム録画モード

DirectX、OpenGL、Vulkanで動作するソフトやアプリケーション内の動きをキャプチャーします。

解像度をオリジナルにしている場合、DirectX、OpenGL、Vulkanの実際の解像度で録画されます。

ウィンドウのサイズに影響されないので、小さい画面のままでプレイしていても、元の解像度で録画できるといったメリットがあります。

デバイス録画モード

Webカメラやビデオキャプチャーの映像データーを録画できます。

ビデオキャプチャーはMonsterX U3.0R等が使用できます。

各画面の説明

ホーム

初心ガイドや動画や静止画の保存先を確認できます。

一般

オプションで保存先の設定やBandicamソフト自体の設定ができます。さらに詳細設定で高度な設定が可能です。

キャプチャー自動開始の設定で、どのタイミングでどのように動作させるかを設定できます。

ビデオ

録画に関する設定ができます。

キャプチャーの設定で録画開始キーやカーソルの表示設定などができ、詳細設定でさらに高度な設定ができます。

フォーマットの設定で動画のコーデック等の設定ができます。プリセットもあるので、手軽に設定できます。設定画面から外部コーデックの設定など、細かい設定も可能です。

静止画

静止画に関する設定ができます。

キャプチャーの設定で静止画キーや連続キャプチャー等の設定が可能です。

フォーマットの設定で、画像を保存するフォーマットを設定できます。おすすめはPNGです。

情報

ライセンスやバージョンの確認などができます。

ロスレスコーデックについて

ここから先は、可逆圧縮コーデック(ロスレスコーデック)を導入したい方向けの記事です。

可逆圧縮コーデック(ロスレスコーデック)とは?

動画を無劣化かつ圧縮して保存してくれるコーデックです。

デフォルトのコーデック

Bandicamに標準で備わっているコーデックにはH264(非可逆圧縮)やRGB24(無圧縮)があります。

H264は非可逆圧縮なので、録画したものを再生する時に完全に元の状態に戻せませんが、ファイルサイズはかなり小さくできます。

RGBは無圧縮なので動画の劣化がありませんが、その分ファイルサイズは膨大になります。動画の設定によっては、30分で1TBを越してしまうこともあります。

メリット

可逆圧縮では、圧縮と無劣化の両方を維持することができます。

ただし、圧縮効率に関しては、H264(非可逆圧縮)よりも低いです。

デメリット

コーデックをインストールしていないPCでは再生できません。

また、IphoneやIpad、携帯端末では再生できません。

可逆圧縮コーデックを使用する場面

私の場合、何度も動画をエンコードする場面でよく使用します

ロスレスなので、いくらエンコードしても画質は一切落ちないためです。

主に動画編集用の動画に使用しています。

※動画サイトへアップロードする場合は、その動画サイトに対応した形式のファイルに変換する必要があります。

おすすめロスレスコーデック

Ut Videコーデック

私が一番おすすめするコーデックです。

Ut Videコーデックは選ぶものによって画質が変わってくるので、以下を参考にしてください。

「RGBA >RGB(お勧めの設定) > YUV422 > YUV420」左側に行くほど高画質になります。

RGBAとRGBの違いは透明色の有無なので、透明色を持たない動画はRGBAを選択する意味はありません。(Bandicamで使うことは無いと思います。)

RGB以下は画像情報が劣化してしまうので、通常はRGBを選択しておけば大丈夫です。

error

関連記事