【Audacity】複数のオーディオをまとめて変換する方法

今回は、Audacityを使用して、複数のオーディオをまとめて変換する方法をご紹介します。

変換に対応しているファイル形式

  • WAV:無圧縮音源なので、変換時に音声の劣化はありません。
  • AIFF:主にIphoneやIpad、IpodなどのIOS機種での再生に対応しています。
  • MP3:非可逆圧縮音声なので、変換時に多少の劣化がありますが、ファイルサイズをかなり控えることができます。androidやIOS機種での再生など、幅広く対応しています。
  • OGG: Ogg Projectによって開発された非可逆圧縮音声ファイルです。MP3形式のライセンス権に関する問題を避けるために開発されたとされています。また、音質はMP3よりも良いとされています。
  • FLAC:可逆圧縮音源で、変換時に一切劣化しない形式のファイルです。主にandroidなどの機種に対応していますが、IphoneやIpad、IpodなどのIOS機種での再生には対応していないため、注意が必要です。

※上記以外にも、MP3やWMA、FFmpeg等の様々なファイル形式に対応しています。また、外部プログラムを使用して書き出す事も可能です。

Audacityのダウンロードとインストール

Audacityのダウンロードは上記のリンクなどからダウンロードできます。ダウンロードしたファイルを開くと、インストールが始まるので、インストールを完了させてください。

複数の音楽を一括変換してみる

まずは変換する音楽ファイルを用意します。

次にAudacityを起動して、変換させるファイルを選択し、Audacity画面にドラッグします。

全て読み込まれるまで待ちます。

全て読み込まれたら、ファイル(F)→Export→オーディオの書き出し(E)をクリックします。

このような画面が出てくるかと思います。

選択…ボタンを押して、出力するフォルダを選択します。

IpadやIphone等のApple製品用に音楽を変換させる場合、フォーマットはその他非圧縮ファイル、ヘッダーはAIFF(Apple/SGI)、エンコーディングはSigned 24-bit PCM辺りをお勧めします。

なお、MP3ファイル等の非可逆圧縮への変換は、音質が劣化してしまうため、あまりお勧めしません。

また、アンドロイド端末用に変換させる場合、フォーマットはFLACファイル、レベルは8(最良)、量子化ビット数は24bitをお勧めします。FLACファイルはApple製品では再生することができませんが、音質を劣化させずにファイルをAIFFより小さくすることが可能です。

特に問題がなければ書き出しボタンをおして変換処理を開始しさせます。

途中、メタタグの編集画面が出てくるかと思いますが、膨大な量の音楽の場合はとても面倒なので、変換した後にMp3tag辺りのソフトを使用し、メタタグを一括処理させることをお勧めします。

Mp3tagの使い方はこちらの記事で紹介しています。画像を埋め込む方法もご紹介しています。

変換後にメタタグの設定を確認する

Audacityではアーティスト名やアルバム名等は維持してくれますが、そのほかの情報は維持されずに自動で設定されたりします。そのため、音声に埋め込まれている画像等は自分で設定する必要があります。

先ほどもご説明しましたが、メタタグの編集はMp3tagがおすすめです。

Mp3tagの使い方はこちらの記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

error

関連記事