世界で未だに解読できていない暗号

暗号とは

相手にメッセージを送る時、関係者のみが読み取れるように決めた記号です。
暗号は大きく分けて二分類あり、古典暗号と現代暗号というものがあります。
※この先は、暗号についての解説なので、「未だに解読できていない暗号」まで飛ばしてかまいません。

古典暗号について

暗号の作り方、鍵のどちらも秘密なのが古典暗号です。
主に軍事等の通信に使われています。

多表式換字式暗号を使う場合もあります。

現代暗号について

暗号の作り方、解読方法は公開され、鍵が秘密なのが現代暗号です。
主にコンピューターの通信等で使われています。

簡単なシーザー暗号

シーザー暗号とは、文字をシフトして暗号化するとてもシンプルな暗号化です。

上の画像のように、決まった数だけ文字やアルファベットをシフトさせて暗号化を行います。
復号化する(元に戻す)場合は、暗号化した時とは逆に、決まった数だけシフトさせます。

しかしこの暗号方法ではセキュリティが非常的に非常に弱く、現代では直ぐに解読されてしまいます。
私の場合、ゲームデーター等を少し分かりづらくする方法として使っています。
その際、データーやパスワードの通信には向いていません。
ネットワーク通信に使われている暗号方式は以下で説明します。

ハイブリッド暗号方式

ハイブリッド暗号方式は、共通鍵暗号公開鍵暗号の組み合わせでできた暗号方式です。
主にネットワークの通信等で使われています。

共通鍵暗号

公開鍵暗号に比べ、高速に処理できるが、鍵の管理が非常に大変な暗号です。

公開鍵暗号

処理速度が低速な分、鍵の管理が簡単な暗号です。

共通鍵暗号と公開鍵暗号を組み合わせる

まず、送信側は上の図のように、平文の共通鍵を作り、更にその鍵の公開鍵を作ります。
送信する時は、共通鍵で暗号化した暗号文と公開鍵を添付して送信します。
受信側は、公開鍵を共通鍵に解読し、その共通鍵で暗号文を解読します。

未だに解読できていない暗号

ヴォイニッチの原稿

大きさは23.5cm×16.2cm×5cmで、左から右読み、現存する分で約240ページの羊皮紙でできている。未解読の文字で書かれた文章の他、大半のページに様々な彩色された生物を思わせる挿絵が描かれている。文章に使用されている言語は今まで何度も解読の試みが行われているが、解明されていない(当然ながら、本書の正式な題名も分かっていない)。

Chaocipher

John F. Byrne氏が1918年に発明した「Chaocipher」は、「Chaos(カオス)」と「Cipher(暗号)」からなる名前からも想像がつくように非常に解読困難な暗号システムのようで、Byrne氏の40年間の売り込みにもかかわらず米国政府は興味を示さなかったとのこと。Byrne氏は暗号解読者に賞金を用意したのですが、「解読できた」と名乗り出る人はいなかったそうです。

 

ファイストスの円盤

ファイストスの円盤(ファイストスのえんばん)とは、1908年7月3日にクレタ島南岸のファイストス宮殿(もしくは神殿)の内部でイタリア人ルイジ・ペルニエル (Pernier) によって発見された厚さ2.1cm、直径16cmの粘土製の考古学上の遺物である。粘土のひもを渦巻き状に巻いて作ったことが分かっている。紀元前1600年代、宮殿は火災によって被害を受けており、ファイストスの円盤も焼き固められた状態で見つかった。ファイストスの円盤はクレタ島のイラクリオン考古学博物館(en)に収蔵されており、一般にも公開されている。

 

クリプトス

クリプトス(Kryptos)はアメリカ合衆国の芸術家ジム・サンボーンの彫刻作品であり、バージニア州ラングレーの中央情報局(CIA)本部に置かれている。1990年11月3日の落成以降、板面に打ち抜かれた暗号文の意味について多くの推測が行われている。4つの面のうち、3面までは既に解読され、残りの4つ目の面の暗号が世界的に有名な未解読暗号の1つとなっている。

D’Agapeyeff cipher(ディアガペイエフの暗号)

ロシア生まれのイギリス人地図製作者Alexander D’Agapeyeff氏により1939年に出版された初歩的な暗号の本「Codes and Ciphers」の初版の巻末に、読者へのチャレンジとして載せられたこの暗号は、いまだ解かれていません。D’Agapeyeff氏はのちに、「どうやって暗号化したか忘れてしまった」と認めていて、暗号化する際のミスや写し間違えなどにより解読不可能となっているのでは、という疑念もあるようです。

 

シェパード・モニュメント

イギリスのスタッフォードシャーにある「シャグボロー・ホール」という大邸宅の敷地内に存在するモニュメントに、ある暗号が刻まれているのです。

暗号文→「D  O.U.O.S.V.A.V.V.  M」

 

ビールの暗号

一枚目、未解読


二枚目、解読済み

三枚目 未解読

ビール暗号(英語:Beale cipher)とは、1885年にアメリカで発行された小冊子にて紹介された暗号文。3枚の紙からなり、各々には、財宝の所在地、財宝の内容、受け取り人が書かれているとされる。3枚の暗号文のうち財宝の内容を記した2枚目だけが解読されており、残りは未解読である。真偽不明。

 

シンガポールの石

11世紀から13世紀頃のものと思われる石に刻まれた碑文で、石碑自体が壊れていたために、断片のパーツのみ残されている。1819年6月に一人の木こりによってジャングル内で発見された。オランダ 碑文研究者 ヨハンヘン・ドリックカスカーンがいくつかの単語を解読することに成功したと発表したが、他の学者たちと見解がことなり、いまだ解明にいたっていない。

 

ドラベッラへの暗号

ドラベッラの暗号(Dorabella Cipher)とはイギリスの作曲家エドワード・エルガーがドーラ・ペニーという娘に送った暗号の手紙。1897年7月14日付の別の手紙に同封されていたこの暗号を彼女はついに解くことができなかったといわれている。ドラベッラ(ドーラの愛称)の暗号はその後も繰り返し解読が試みられてきたが、21世紀にいたっても明快な解法は得られていない[2]。

 

error

関連記事