マカロンのような丈夫なイヤホン収納ケース紹介!

久々に画像編集も少し凝ってみました。

 

はい、

では本題。

皆さんは、イヤホンをどのように収納していますか?

イヤホンの保存の仕方や結び方によっては、寿命を縮める恐れがあります。
今回は、手軽に買える、お勧めのイヤホン収納ケースを紹介します。
※高級イヤホン等で使用されているフラットタイプのケーブル向けではありません。後々更新していくつもりです。

マカロンのようなイヤホンケース紹介!

[amazonjs asin=”B010IB79OK” locale=”JP” title=”kwmobile ヘッドフォンのための頑丈なバッグケースイヤホン用赤色 イヤホン高品質保護ケース”]

まずはこちらです。
私が使っているイヤホンケースです。
サイズは幅8cm2程で、高さは3cm程です。
少し力を入れて摘まんでも、あまり潰れません。
弾力は意外とあり、皮制の財布くらいの強度はあるかと思います。

続いてはこちら

[amazonjs asin=”B01MF9HFJN” locale=”JP” title=”Langsdom 高品質イヤホンケース カナル型インナーイヤー適用 一眼レフフィルターケース 小物収納ナイロンポーチ 財布 収納袋 ブラック”]

丸いイヤホンケースバージョンです。
Amazonのレビューを見る限り、丈夫で軽いイヤホンケースと評価されています。
中には、イヤホン以外にも、一眼レフのフィルターを入れている方もいらっしゃいます。

最後はこちら!

[amazonjs asin=”B01MZBDCD9″ locale=”JP” title=”B-PING ヘッドフォン収納ボックス ミニ ポータブル耐圧ヘッドフォン ケーブル ストレージ ボックス スクエア パッケージを仕上げ コイン 鍵 小物入れ ケース 収納袋 ポーチ 財布”]

四角いイヤホンケースです。
安価で買えるので、高級なイヤホンを収納しない限り、大丈夫だと思います。
無いよりはマシといった所でしょうか。

イヤホンケース収納方法

今回は、私の持っているイヤホンケースで紹介します。

[amazonjs asin=”B010IB79OK” locale=”JP” title=”kwmobile ヘッドフォンのための頑丈なバッグケースイヤホン用赤色 イヤホン高品質保護ケース”]

こちらのイヤホンケースを使用しています。

 

チャックを開くと真っ二つに分かれます。

 

このイヤホンケースには、小物が少し入るスペースが設けられています。

 

今回は私が長年重宝しているイヤホンを使って説明します。

[amazonjs asin=”B00JFSFK94″ locale=”JP” title=”audio-technica CKR Series カナル型イヤホン ブラック ATH-CKR5 BK”]

私が飼った当時は、2900円と激安だったのですが、今は5000円と高額になっています。

 

まずはイヤホンの尾の部分を親指と人差し指で支えます。
次に、人差し指中指薬指の三本の指を軽く巻き付けます。

 

そのまま巻き付けます。
きつく巻きすぎると、断線の原因になったり指の血が止まったりするので注意してください。

 

形が崩れないようにイヤホンを指から外し、ケースの中へ納めます。
この時に離してしまうと、ばねのように飛び出して、ぐちゃぐちゃになってしまいます。

 

コードを押さえながらケースを閉じます。

 

チャックを閉じたら完了です!

 

少々手間がかかりますが、そのままイヤホンをポケットに入れるより、寿命が格段に上がると思います。
※使用状況にもよります。

イヤホンケースを開くと!?

びっくり箱のようにイヤホンが飛び出してきます(笑)

このようなデメリットもありますが、手軽で簡単に収納できることを考えると、有りだと思います。

error

関連記事