【読み書き速度検証】ハードディスクやメモリスティックなどで読み書き速度を測定してみた。

今回は、色々な記憶メディアで読み書きの速度を測定してみたので、ご紹介します。

使用したベンチマークソフトはCrystalDiskMark 6を使用しています。

処理回数は4回、処理容量は4Gibを指定しています。

今回メインで比較する速度は、Q32T1の部分です。

検証結果

M.2 SSD (970 EVO 500GB)

  • 読み込み速度:3517.5MB
  • 書き込み速度:1252.0BM
  • コメント:SATA接続しているSSDをはるかに上回る速度です。

HDD (WD Red 4TB)

スポンサーリンク
  • 読み込み速度:176.2MB
  • 書き込み速度:172.6BM
  • コメント:HDDの標準的な速度です。私的に、SSDからHDDに変更しようとは思いません。

Ramディスク (メモリ 8GB)

  • 読み込み速度:9027.7MB
  • 書き込み速度:8561.6BM
  • コメント:おまけですが、パソコンのメインメモリをの一部をディスクドライブとして使用してみました。電気がなくなるとデーターが抹消されるので、HDDなどの記録メディアとは異なりますが、試してみました。

USBメモリ (Transcend USBメモリ 32GB)

  • 読み込み速度:146.9MB
  • 書き込み速度:35.10BM
  • コメント:USBメモリによって大きく差が出るかと思いますが、このUSBメモリは書き込み速度がずば抜けて速いです。

SSD (CSSD-S6T128NHG5Q SATA6Gbps 128GB)

  • 読み込み速度:536.8MB
  • 書き込み速度:296.4BM
  • コメント:一般的なSSDの速度かと思います。HDDからSSDに切り替えると、PCの起動速度や処理速度などが爆速になり、かなり快適になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください