【マインクラフトサーバー Spigot】サーバーのダウンロード、セットアップ方法

Spigotとは?

※注意点:この記事は、Windowsでサーバーを立てたい方向けの記事です。

マインクラフトの非公式サーバーの一つで、公式サーバーの基本的な機能に加え、プラグインを使用できるようにしたサーバーです。

公開されているプラグインの量も豊富で、Spigot公式ページのsearch欄等からキーワードを指定して検索すれば、すぐに欲しいプラグインが見つかるかと思います。

また、bukkitのプラグインとも互換性があるので、こちらから検索することもお勧めします。

Spigot

bukkit

追記(Gitについて)

実際に私が試したことですが、BuildTools.jarファイルとJavaがインストールされているPCがあれば、Gitなしでもビルト可能でした。

正確には、GitはBuildTools.jarを「java -jar」でビルトしようとすると、自動でGitをダウンロードしてくれるみたいです。

「PortableGit-x.x.x-64-bit」のようなファイルがダウンロードされます。

前提条件

まず、本ページで解説する方法でサーバーを立ち上げるには、以下の環境が整っている事を前提に説明します。

OS

Windows10

※注意:Windowsでサーバーを立ち上げる場合、同時接続人数が最大10人までという制限があります。

ポート開放済み

マインクラフトのポート番号は25565です。今後、dynmapプラグインを入れる予定がある場合は8123のポート番号も開放しておくことをお勧めします。ポートはTCP/UDPの両方を開放してください。

また、マインクラフトのポート開放の手順については、以下のブログが参考になるかと思います。

>https://www.akakagemaru.info/port/soft_minecraft.html<

※お手数ですが、上記のリンクをアドレス欄にコピーしてください。

Spigotサーバーを立ち上げる為の大まかな手順

必要なファイル

    • Java  これがなくてはサーバーすら立ち上げることができません。
    • Git  サーバー本体をビルトするのに必要なものです。()

  • Spigot  サーバー本体です。

大まかな手順

  1. Javaのダウンロードとインストール
  2. Gitのダウンロードとインストール
  3. Spigotのダウンロード、Gitを利用してSpigotをビルトする
  4. サーバーを立ち上げてテストしてみる

といった流れになるかと思います。

(1).Javaのダウンロードとインストール

全オペレーティング・システム用のJavaのダウンロード

から上のリンクからWindowsの項目にあるWindows オンラインもしくはWindows オフラインをクリックしてダウンロードします。

OSが64bitの場合、Windows オフライン (64ビット)も同時にダウンロードとインストールしてください。

次に、ダウンロードしたファイルを開き、画面の案内に従ってインストールを進めてください。

こんな感じの画面が表示されたらインストール完了です。

(2).Gitのダウンロードとインストール

確認

この作業はスキップしてもほとんど問題ないかと思うので、後々問題が出てきたらインストールしてください。

「(3).Spigotのダウンロード、Gitを利用してSpigotをビルトする」までスキップしてください。

私が実際に、クリーンインストールしたWindowsPCでGitをインストールせずに試してみたところ、問題なくサーバーの立ち上げに成功しました。「正確には、Spigotビルト時に、自動でGitがダウンロードされるようです。」

ダウンロードとインストール

1.5 使い始める – Gitのインストール

上のリンクにアクセスして、Windowsにインストールの項目の辺りにあるダウンロードリンクにアクセスし、Gitをダウンロードしてください。こちらにアクセスするとダウンロード画面に直接アクセスします。

次にインストールの手順を説明します。

今回は、こちらの記事を参考にさせていただきました。

ライセンス確認。
[Next>]を押して進む。

念のため、Git LFSにチェックする。
[Next>]を押して進む。

Choosing the default editor user by Git
使用するテキストエディタの選択かと思うので、特にこだわりがなければそのままでよいかと思います。
[Next>]を押して進む。

こちらは環境変数に関する設定を行います。
[Next>]を押して進む。

[Next>]を押して進む。

改行コードの変換についてのオプションです。
[Next>]を押して進む。

コンソールの設定
[Next>]を押して進む。

Enable symbolic linksにチェックします。
[Next>]を押して進む。

インストール完了まで待ちます。

インストール完了です。

(3).Spigotのダウンロード、Gitを利用してSpigotをビルトする

Mavenプロジェクト BuildTools

まずは、上のリンクにアクセスして、Spigot(ビルトツール)をダウンロードします。

できれば最新の安定ビルドと書いてある辺りのものがよいかと思います。

次に、ダウンロードしたSpigot(ビルトツール)をビルトするためのディレクトリを用意しておきます。

今回の例では「D:\test」このディレクトリを使用します。

このディレクトリにダウンロードしたビルトツールをコピーします。

Wiudowボタン+Rを押して、ファイル名を指定して実行画面を表示します。

名前に「cmd」と入力し、OKを押してコマンドプロンプトを起動します。

対象ディレクトリをビルトツールの置いたディレクトリに変更します。

例:cd/d D:\test

ビルトします。

例:java -jar BuildTools.jar

全てのビルトが終わるまで、数分から数十分程かかります。

Success! Everything compiled successfully. Copying final .jar files now.

というメッセージが表示されたらビルト完了です。

今度は簡単にサーバーを立てられるように、バッチファイルを作成します。

名前は何でもかまいません。拡張子はbatです。

作成したバッチファイルを右クリックして、編集をクリックします。

上のように記載します。

@echo off
java -jar ファイル名
java -Xms4096M -Xmx8124M -jar ./ファイル名 nogui
pause

ファイル名の箇所にはspigot-〇.〇.〇.jarというファイル名を指定してください。

※〇はバージョン

編集が完了したらメモ帳を保存して閉じてください。

作成したバッチファイルを起動します。

上のような画面になるかと思うので、一旦画面を閉じてください。

eula.txtというファイルが作成されているかと思います。

クリックして編集します。

ライセンスに同意して、falseからtrueに書き換えてください。

保存してメモ帳を閉じます。

これでサーバー立ち上げの準備は完了です。

(4).サーバーを立ち上げてテストしてみる

作成したバッチファイル「xxx.bat」をクリックして起動します。

完全に立ち上がるまで数分程時間がかかる可能性があります。

マインクラフト本体を起動します。

サーバーの追加をクリックします。

サーバー名は任意でかまいません。

サーバーアドレスは、localhost、あるいはプライベートIPアドレスを指定します。

私の場合、localhostでは接続できなかったので、プライベートIPアドレスを指定しました。

正常に接続できていれば成功です。

ログインしてみます。

正常にログイン出来たら成功です!

ちなみに、gamemode等のコマンドはオペレーター権限が無いと変更できないので、コンソール画面に「op ユーザー名」を指定して、オペレーター権限を付与してください。

(お知らせ)マイクラサーバー「フラットクラフター」公開

詳細はこちら

このブログでマイクラサーバー「フラットクラフター」を公開しましたので、興味のある方はぜひご参加ください。

error

関連記事