【プラネットコースター】難しいけど楽しい、経営シミュレーションゲーム

プラネットコースターは2016年11月28日にSteamでリリースされた経営シミュレーションゲームです。プレイヤーはプラネットコースターの遊園地の経営者となり、様々な手法を用いて資金を稼いでいきます。なお、プラネットコースターはPC専用ゲームであり、GPUはGTX980以上、メモリーは12GB以上、CPUはI7以上が推奨されているので、ハイスペックPC向けのゲームといえます。

ダウンロード方法と価格

Steam

上のリンクにアクセスすると、プラネットコースターを紹介しているページに移動します。価格は4500円ほどしますので、セール日に購入することをおすすめします。

システム要件

システム要件はゲームを遊ぶ上で非常に重要となりますので、購入される前に確認してみてください。特に、プラネットコースターでは、一般的なPCよりも高いスペックを要求しますので、注意と確認が必要です。

※需要度の高そうな項目のみ記載しています。詳しくはSteamページをご覧ください。

ゲームを動作させるために最低限必要なスペック

  • OS:Windows7以上のOSであり、64bitであること。
  • プロセッサ:intel i5 2300/AMD FX-4300
  • メモリ(RAM)8GB
  • グラフィック: nVidia GTX 560 (2GB)/AMD Radeon 7850 (2GB) ※恐らく、CPU内蔵GPUでは厳しいかと思います。

推奨スペック

  • OS:Windows7以上のOSであり、64bitであること。
  • プロセッサ: Intel i7-4770/AMD FX-8350
  • メモリ(RAM)12GB
  • グラフィック: nVidia GTX 980 (4GB)/AMD R9 380 (4GB)

予算

パソコンを新しく購入する場合、10万円前後の出費を見積もっておく必要があるかと思います。

価格ドットコム

パソコンを探す方法は様々ですが、価格ドットコム等を利用すると探しやすいかと思います。また、上のリンクにアクセスすると、プラネットコースターの推奨環境を満たしたパソコンが検索されるので、おすすめです。

プラネットコースターはシミュレーションゲームであり、自分でオブジェクトの設置をしながら遊びます。オブジェクトを大量に設置すると、当然パソコンにもそれなりの負担がかかりますので、推奨環境より少しグレードの高いマシン(パソコン)を選んでおいてもよいかと思います。

実際に遊んでみた。

プラネットコースターにはサンドボックス(金額無制限)、チャレンジモード(金額等の制限がある)などがあります。チャレンジモードでは、一から自分でパークを作っていくモードで、あるのは限られた財産と背景だけです。また、慣れるまで黒字を維持するのは難しいので、初見はかなり大変です。

最後にサンドボックスモードでジェットコースターを作ってみました。

恐怖のあまり、人間お断り仕様となっています。

error

関連記事

返信を残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください