【メモ書き】マインクラフトの動作を軽くしてみる

バニラの状態で、マインクラフトの動作を軽くする設定を独自でまとめました。

ただし、プレイする際にあまりにも支障をきたす程の極端な設定はしません。

※1.13以降のバージョンについてはこちらの記事を参考にしてください。

ビデオ設定

左に行くほど負担が少なく、右に行くほど負担が大きくなります。

星マークの付いたものは、プレイに支障をきたす可能性があるので、通常は設定しないでおくことをおすすめします。

大小比較ではなく、点で区切られているものは、ウィンドウのサイズ等の環境で、負担が変わります。

スポンサーリンク

低負担でプレイしたい方は、太字の設定にすることをおすすめします。

  1. グラフィックス:処理優先<描画優先
  2. スムースライティング:オフ<最小<最大
  3. 3D表示:オフ<オン
  4. GUI:※小<標準<大きい・自動
  5. 明るさ:暗い(+0%)<明るい
  6. パーティクルの表示:少し<最小<すべて
  7. 垂直同期の使用:オフ<オン  (正直、あまり大差ないと思います。)
  8. VBOの使用:オン<オフ  (自分が見えていない部分を描画させないようにします。)
  9. 描画距離:※2チャンク<12チャンク<32チャンク  (さすがに小さすぎるとモンスターの沸き等に支障がでる可能性があるので、最低でも12チャンク以上をお勧めします。)
  10. 最大フレームレート:10FPS<60FPS<無制限  (一般家庭のモニターは、大体60hzくらいが限界なので、それ以上あげても殆ど意味がありません。)
  11. 画面の揺れ:オフ<オン
  12. 攻撃力変動の表示:オフ<クロスヘア・ホットバー
  13. 雲の表示:オフ<処理優先<描画優先
  14. フルスクリーン:オフ<オン
  15. ミニマップレベル:オフ<1<2<3<4
  16. エンティティの影:オフ<オン

リソースパック

できるだけ小さい画像を使用すればよいかと思います。

>SimpleJCraft <

古いバージョンですが、デフォルトで使用されているものよりもかなり小さいものを使用しています。

スポンサーリンク

JVMの引数(高性能PC使用の方は重要!)

この設定では、マインクラフトが使用できるメモリを増やし、メモリ不足を改善する設定をします。

この設定をしないと、RAMメモリ16GB乗せていても、1GB程しか使用できないので、高性能なPCでプレイする場合は必ず設定が必要でしょう。

搭載しているメモリを上回る設定やギリギリの設定をしてしまうと、逆に遅くなってしまうことがあるので、ご注意ください。

設定の手順

マインクラフトのランチャーを起動

起動オプションタブを開く

高度な設定を有効にする、を有効にする

スポンサーリンク

遊んでいるゲームの項目をクリックして、設定画面を開く

JVMの引数を有効にする

Xmx1Gと書いてある部分をマインクラフトに割り当てたいメモリの量に変更します 例:Xmx2G(これで2GBまで使用できます。)

最後に保存をクリックして完了です。

おまけ:高性能PC向けの設定

こちらの方の回答を参考にさせていただきました。

-Xms8G -Xmx8G -XX:+UseConcMarkSweepGC -XX:+CMSIncrementalMode -XX:-UseAdaptiveSizePolicy -Xmn1G -XX:MaxNewSize=1G -XX:PermSize=1G -XX:MaxPermSize=1G

私の環境では、上のコードを設定しています。

※2018/10/09訂正、16GB以上のメモリの環境で使用推奨。

正直、MODを大量に導入するなりしない限り、8GBも使いきれないかと思います。^^;

また、Xms4G -Xmx8Gの部分は最小で割り当てられるメモリが4GB、最大で割り当てられるメモリが8GBまでという意味なので、PCに搭載されたメモリの容量に合わせて変更してください。

バニラの状態で、32チャンクのアンプリファイドでプレイしても2GB使うか使わないくらいです。