【メモ書き、Ver1.13x】マインクラフトの動作を軽くしてみる

今回は、1.13xのバージョンで、できるだけ動作を軽くするビデオ設定などをご紹介します。

ただし、プレイする際にあまりにも支障をきたす程の極端な設定はしません。

いずれにせよ、私好みの設定になってしまうかと思いますが、ご了承ください。

マインクラフトがアップデートされていくにつれて

私から見た観点ですが、マインクラフトはアップデートしていくにつれて、使用するメモリを多く消費するようになっている感じがします。

特に、1.12から1.13にアップデートした時では、メモリの使用量がより大きくなっているようにも思えます。

ビデオ設定

(<)で区切られているものは、右に行くにつれ、要求されるスペックが高くなります。

スポンサーリンク

(・)で区切られているものは、あまり変わらないものや、その場の状況によって大きく変動するものです。

私好みですが、太字の設定がベストかと思います。

  1. フルスクリーンでの解像度:640×480@60(24bit)<1920×1080@240(24bit)など・現在の設定
  2. グラフィックス:処理優先
  3. スムースライティング:オフ<最小<最大
  4. 垂直同期の使用:オフ<オン  (正直、あまり大差ないと思います。)
  5. GUIの大きさ:小<標準<大きい・自動
  6. 明るさ:暗い<明るい
  7. フルスクリーン:オフ<オン
  8. ミップマップレベル:オフ<1<2<3<4
  9. エンティティの影:オフ<オン
  10. 描画距離:チャンク<12チャンク<32チャンク(モンスターの湧き具合など、ゲーム自体にも影響が出てくるので、最低でも12チャンク以上は必要だと思ってください。)
  11. 最大フレームレート:10FPS<60FPS<無制限  (一般家庭のモニターは、大体60hzくらいが限界なので、それ以上あげても殆ど意味がありません。)
  12. 画面の揺れ:オフ<オン
  13. 攻撃力変動の表示:オフ<クロスヘア・ホットバー(どれもほぼ大差ないです。)
  14. 雲の表示:オフ<処理優先<描画優先
  15. パーティクルの表示:最小<少し<すべて
  16. VBOの使用:オン<オフ  (自分が見えていない部分を描画させないようにします。)
  17. バイオームの重なり具合:オフ<3×3<15×15(オフにすると奇麗に見えなくなります。)

JVMの引数(高性能PC使用の方は重要!)

前回でも解説しましたが、この設定では、マインクラフトが使用できるメモリを増やし、メモリ不足を改善する設定をします。

この設定をしないと、RAMメモリ16GB乗せていても、デフォルトでは1GB程しか使用できないので、高性能なPCでプレイする場合は設定が必要です。

設定の手順

マインクラフトのランチャーを起動

スポンサーリンク

起動オプションタブを開く

高度な設定を有効にする、を有効にする

遊んでいるゲームの項目をクリックして、設定画面を開く

JVMの引数を有効にする

Xmx1Gと書いてある部分をマインクラフトに割り当てたいメモリの量に変更します 例:Xmx2G(これで2GBまで使用できます。)

最後に保存をクリックして完了です。

スポンサーリンク

設定値について

基本的に最初にある引数の設定の「Xmx1G」の部分を「Xmx8G」などに設定するだけでよいかと思います。

16GB以上のメモリを積んている場合は、これくらいを推奨します。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください