【Diep.io】オンラインのユーザーと戦車同士で戦うマルチプレイゲーム – 紹介と遊び方、進化の方針について

Diep.ioとは

自分の戦車をアップグレードしていきながら、相手の戦車を倒すゲームです。
ゲームはこちらからどうぞ。

Diep.io

PC、アンドロイドでもプレイ可能です。

Diep.ioで面白いところ

Diep.ioにはパラメーターがあり、レベルが上がる毎に、振り分けられるパラメーターが増えます。
自分の好きなようにパラメーターを振り分けることができます。
パラメーターは最大レベルで33まで振り分けることができます。
パラメーターの種類は、リジェネ、ヒール、ボディーダメージ(タックルダメージ)等々8種類で、一種類につき最大7までパラメーターを振ることが可能です。

何が言いたいかというと、パラメーターの空きは最大で7×8=56個あるのに対し、最大レベルで33個しか振り分けることができない点です。
つまり、最大レベルにしても、すごく中途半端な振り分けとなってしまうのです。

ここが面白いところで、中途半端である祭、振り分ける方法が多彩なのです。
さらに、レベルが上がるごとに、戦車をアップグレードして、攻撃パターン等を変えることができます。
アップグレードした戦車の性能は、ほかの戦車とかけ離れた性能がほとんどである祭、自分好みの戦車ができるのです。
詳しくは以下の記事をお読みください。

アップグレードした戦車には、メリット、デメリットが存在する。

アップグレードしたからと言って、かなり強い戦車ができることは限りません。
最大レベルにしても、振り分けられるパラメーターは全部で33個と中途半端です。
アップグレードできる戦車の種類は、50種類程と多いですが、その戦車によって、振り分けたパラメーターがあまり意味が無かったりします。

つまり、アップグレードする戦車に対して、弱い部分を補ったり、その戦車の強い部分を強化する箇所にパラメーターを振り分けたほうが効率的に良いと思うのです。チームプレイ等では、味方を守る方針などでパラメーターを振り分ける方法もあります。

アップグレード後の戦車はどうなる?

戦車のアップグレードは全部で三段階あります。
15Lvl→30Lvl→45Lvlの三段階です。
戦車の中には、アップグレードすると、今の戦車より強化される箇所と弱体化される箇所があります。
例えば、第一段階のスナイパーが強化される箇所は、弾のスピードが速くなり、与えるダメージも上がりますが、弾の連射速度が落ちます。
中には、今よりも弱体化する戦車のないものもあります。例えば第一段階のツインです。弱体化される面は無く、連射威力が二倍になります。尺大家する部分がない代わりに、強くなる部分も低いのです。
ここで注意してほしい点は、最終目的である三段階目の戦車であることです。
三回目の戦車は最終形態であるため、これ以上の進化は無いのです。
また、第三回目のアップグレードは、初期の戦車とは全く別の戦車戦車となる事もあります。
詳しくは以下の記事をお読みください。

初期の戦車とかけ離れた戦車

例えば最終段階の”オーバーロード”等は、一直線に飛ばす弾ではなく、操作可能なファンネルというものに変わります。


もちろん”オーバーロード”にも強い点と弱い点が存在します。
強い点は、自分で弾を操作できる、一つ一つの攻撃力が強い、視野が広い
弱い点は、弾の数は最大8個、ファンネルの生産速度(連射速度)がかなり遅い、身を守る手段はファンネルしかない、操作が他の戦車と比べ、操作の慣れが必要。
他にも色々掲げられると思いますが、基本的にこんな感じだと思います。
操作の難易度は、自分とファンネルを同時に操作しなければいけないので、慣れが必要です。
ファンネルの位置をうまく利用していかないと、いきなり狙われたときに手遅れになる可能性があります。

弱い点をたくさん書いてしまいましたが、「自分で操作できる」この時点で既に最強洗車だと思います。
私もよくこの戦車を使っています。

ゲームモードについて

Diep.ioには、FFA、Survival、2teams、4teams、Domination、Maze、Sandboxの8種類が存在して、それぞれにルールがあります。
基本、相手の敵の戦車を倒す事が目的です。

四チームで遊んでみた。

四チームある中で、実際にオーバーロードで戦ってみた様子です。

 

もっと詳しい情報を見る

Diep.ioで、さらに詳しい情報が見れる、「Diep.io JPWiki」がお勧めです。

進化後の戦車の姿や性能がほぼすべて乗っています。
ゲームモードやその他の攻略も詳しく書かれています。

 

error

関連記事