【WordPress Ver 5.0】新しくなったエディタで、過去のページを再編集するとエラーになったときの対策

ついにワードプレス5.0へアップデートされたわけですが、古い記事を再編集しようとした時にエラーが発生してしまった場合の対処法を紹介します。

この記事も新しいエディタで編集していますが、前のエディタと機能が変わりすぎて、中々使い慣れないです。ブロック内のオプションが右に表示されるようになった事で、ワープロの編集画面に似てきているような気がします。将来、ワードプレスのエディタ画面が完全にワープロみたいな機能になってしまうなんてこともありえない話ではないかもしれませんね。

記事の内容が存在するかを確認する

過去のページを編集しようとしたら、タイトル以外の文章が表示されていない状況です。

そこで、エディター項目にあるコードエディターを選択して、ソースコードを直接編集できるモードにしてみます。

記事のソースコードが無事に表示されました。

記事の内容が消えていないことが確認できたので、エディタのモードを戻してみます。

今度は「このブロックでエラーが発生したためプレビューできません。」とエラーメッセージが表示されてしまいました。

ブロックのエラーを修正する

ブロック内を右クリックして、ブロックへ変換をクリックします。

すると、記事の初めの文章が表示されて、その下に「埋め込み中・・・」と表示されます。

その後、記事が複数のブロックに分かれて、正常に表示されればOKです。

Youtubeのリンクも正常に認識されているようです。

更新して、実際に見てみます。

表示確認

ちなみに、トカゲとゼブラ模様の色をオレンジ色にしているのは、テーマの色に合わせるためです。

このトカゲのイラストは、意外とレアな恰好だと思ったので採用しています。

テーマをカスタマイズできない場合は、CSSを追加したりしてスタイルを強制的に変更しています。

さらに下にスクロールして、記事が正常に表示されているか確認します。

正常に表示されていればOKです。

2件のコメント

    1. 参考にしていただき、ありがとうございます!
      これからもワードプレスの気になった点なども書いていきたいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください